女子論!希望の☆編

格安スマホと聞くと安いが不具合が多い、壊れた時の保証が無いというイメージがありますが、最近の格安スマホは性能も良く機種の選択さえ間違えなければ結構長く使えるというのが現状です。

ひと昔前の出始めた頃の格安スマホは確かに粗悪な輸入品などもありましたが、現在は技適という技術基準適合認定された機種も多くあります。

そういう機種をちゃんと調べて購入すれば現在国内で販売されている格安SIMを含め、キャリアSIMも問題なく利用できます。

ただ1つ気を付けて欲しいのが、一見同じ機種でも大手キャリアから販売されている機種ならば、そのキャリアに合わせた電波を受信できるように改良されていますが、海外のSIMフリー機種に関しては日本で使われている電波周波数に対する適応バンドが少ない機種もあり、一応繋がるけれど受信感度が悪いといった事があるので型番等をよく調べて選んだ方が良さそうです。

一番安く利用しようと思えば、本体を海外サイトで購入してSIMだけ契約する方法が安くなりますが、その際には万が一故障や不具合があった場合の補償の手続きが面倒になります。

>>格安SIM比較

多少高くなっても国内で買って保証を受けれるようにするか、安く海外購入して壊れた時は諦めて新しい本体に買い替えるか考えさせられるところです。

自己責任で海外購入するのが手間がかかって面倒、保証が無いと不安という人は国内販売で保証がしっかりした店舗で購入する事をお勧めします。

格安スマホを選ぶ際の注意点

現在スマホを使用している人も多く、スマホの登場により生活するうえでの利便性も大幅に向上したと言えます。
しかしスマホをキャリアで購入する場合、基本的な金額が10万円程度と非常に高額ですし、実際に販売されている機種に関してもハイエンドな構成の機種ばかりでその機能を使いこなすことも困難ですし、スマホで利用するのがwebとLINE、メールや通話といった機能さえあれば問題ないと考えている人も少なくありません。
キャリアでスマホを購入する場合はどうしても選択肢が限られてしまい、仕方なく高額なスマホを利用している人も非常に多いでしょう。
そういった場合にオススメなのが格安スマホと呼ばれるスマホで、キャリアで販売されているスマホよりも大幅に安い価格で購入できますし、SIMフリーになっているためどのSIMでの利用も可能となっています。

 

格安スマホを購入する際に注意すべき点は、自分がスマホに求める機能が何かということです。

 

 

格安スマホを購入する場合には、価格とスペックのバランスを見て、さらに自分の用途に適合する機種をチョイスすることが重要になります。